「第8回支え合い担い手養成講座」を開催しました。

 

 

今回は、施設と地域の協働を進めるため、地域の大切な社会資源である社会福祉施設「有料老人ホーム サンライズ・ヴィラ春日部」を会場として、平成30年8月23日(木)24日(金)に「第8回支え合い担い手養成講座」を開催しました。(この会場は市内社会福祉法人が地域貢献活動の一環として行っている『地域開放スペース』の貸出しの一つとなっています。地域のどなたでも参加出来る活動の場としてご利用いいただけますので、詳細は社会福祉協議会までご相談ください。)

 1日目は春日部市の現状、これからの地域づくりや地域活動の進め方について学んだあと、サンライズ・ヴィラ春日部の職員の方より施設紹介(施設と地域の関わり等)についての講義と施設内を案内していただきました。

2日目には「地域の社会資源を掘り起こして、何が出来るか考えよう」というテーマでグループワークを行いました。「活かされていない社会資源」として挙げられた「自宅にある不用品」を持ち寄り、フリーマーケットを開催することで、家に閉じこもりがちな人が外に出るきっかけを作ること、また不要なタオルを縫って雑巾にし、小学校へ寄附をするグループを作ることで「みんなで集える場所」を作り、学校とのつながりを作りながら、地域の中で誰もが役割を持てるようにしようと考えました。また「活かされていない社会資源」として「リタイヤ後の中高年」という意見が挙がり、フリーマーケットの場などでチラシを配布し、イベントの運営手伝いや、経験を生かした講演が出来そうな人を募ることも考えました。

参加者からは、「2日間勉強したことを、これで終了するのではなく、継続したい」「この機会を生かし、何か形にして作り上げていきたい」との声もあり、今後また皆さんで集まる機会を設け、自分たちに出来ることを話し合っていく予定です。

春日部市社会福祉協議会では、今後も各地域における定期的な講座やイベントの開催を通じて、行政と協力をしながら、生活支援体制整備事業を進めてまいります。皆様のご参加お待ちしております。

 

「第7回支え合い担い手養成講座」を開催しました。

 

 今回は、施設と地域の協働を進めるため、地域の大切な社会資源である社会福祉施設「サービス付き高齢者向け住宅 グラース春日部」を会場として、平成30年4月12日(木)13日(金)「第7回支え合い担い手養成講座」を開催しました。(この会場は市内社会福祉法人が地域貢献活動の一環として行っている『地域開放スペース』の貸出しの一つとなっています。地域のどなたでも参加出来る活動の場としてご利用いいただけますので、詳細は社会福祉協議会までご相談ください。)

 1日目は介護保険を取り巻く春日部市の現状、これからの地域づくりについて学んだあと、グラース春日部の職員の方より施設紹介(施設と地域の関わり等)についての講義と施設内を案内していただきました。

 2日目には「地域の社会資源を掘り起こして、何が出来るか考えよう」というテーマでグループワークを行いました。始めに行なった「助け上手・助けられ上手体験ゲーム」で感じたことを活かし、お茶を飲みながら会話する中でお互いに助け合いが生まれてくるのではないかと考え、コーディネーターがいる地域の集いの場を企画したグループもありました。プロジェクト名も春日部らしく、親しみやすさが感じられました。

 参加者からは、「何か自分に出来るものを始めてみたいと思っていたが、そのヒントになった」との声もあり、この講座が地域活動を始めるきっかけになればと思います。

春日部市社会福祉協議会では、今後も各地域における定期的な講座やイベントの開催を通じて、行政と協力をしながら、生活支援体制整備事業を進めてまいります。皆様のご参加お待ちしております。

 

 

「第6回支え合い担い手養成講座」を開催しました。

 

 今回は牛島ボランティアセンターを会場として、平成30年2月5日(月)、6日(火)に「第6回支え合い担い手養成講座」を開催しました。

 1日目は介護保険を取り巻く春日部市の現状、これからの地域づくりについて学んだあと、会場の地区を担当している第7地域包括支援センターの職員の方より、「各地区での取り組み・地域での繋がり」についてお話していただきました。

 2日目には「地域の社会資源を掘り起こして、何が出来るか考えよう」というテーマでグループワークを行いました。“活かされていない社会資源”として、家庭にある不用品を活かして物々交換することで地域との交流を目的としたものや、“必要な社会資源”では、近所の世話役やおせっかいが挙げられ、何気ない世間話から困りごとの助け合いに繋げられるようなおしゃべりサロンを考えたグループもありました。また、子供達の第3の居場所として駄菓子屋さんを企画し、そこで昔遊びをすることで世代間交流も出来るといった内容もあり、どのグループも沢山の意見が出され、活発な話し合いとなりました。

 講座後も、グループワークで出た意見を具体化していくために話し合いの場を設け、現在、地域(世代間)交流を目的とした気軽におしゃべり出来る場づくりに向けて話し合いを進めています。

 春日部市社会福祉協議会では、今後も各地域における定期的な講座やイベントの開催を通じて、行政と協力をしながら、生活支援体制整備事業を進めてまいります。皆様のご参加お待ちしております。

 

 

 

第5回支え合い担い手養成講座を開催しました。

 

 

 

施設と地域の協働を進めるため、地域の大切な社会資源である社会福祉施設「ウエルガーデン エミナース春日部」を会場として、平成29年9月27日(水)28日(木)「第5回支え合い担い手養成講座」を開催しました。(この会場は市内社会福祉法人が地域貢献活動の一環として行っている『地域開放スペース』の貸出しの一つとなっています。「サロン活動」や「介護予防体操」等地域住民が行う活動拠点としてご利用いただくこともできますので、詳細は社会福祉協議会までご相談ください。)

 1日目は「介護保険を取り巻く春日部市の現状」「これからの地域づくり」について学んだあと、「ウエルガーデン エミナース春日部」の職員の方より、「施設紹介及び施設と地域の関わりについて」の講義と施設案内をしていただきました。

 2日目には「地域の社会資源を掘り起こして、何が出来るか考えよう」というテーマでグループワークを行いました。“活用されていない社会資源”には「農作業の道具」「食器」「着物」「地域の高齢者」「子育て中のお母さん」等が挙げられ、“必要な社会資源”には「子供の安全な遊び場」「高齢者の話し相手」「気軽に集まる場所」「お店」「若者の力」等が挙げられました。

 それらの意見をもとに、「自分たちで出来ることを考えてプロジェクトを立ち上げよう!」というワークを行い、どのグループも大変活発に話し合いました。裁縫が得意な方がいるグループでは、古い着物を再利用した小物作り、自宅で使われていない蒸し器を使ったおやつを作る「にこにこリメークエコプロジェクト」や使われていない畑をみんなで利用する「この指とまれ みんなのファーム」、子どもから高齢者まで自由に集まることができる場所を作る「エンジョイ・フラワー」など、それぞれ個性豊かな企画が挙げられました。どのグループも参加者の皆さんの意欲が高く、もっと話を進めていけば実現できそうなものばかりで、近日中に実際にプロジェクト立ち上げに向けた話し合いの場を設ける予定です。

 春日部市社会福祉協議会では、今後も各地域における定期的な講座やイベントの開催を通じて、行政と協力をしながら、生活支援体制整備事業を進めてまいります。皆様のご参加お待ちしております。

 

 

第4回支え合い担い手養成講座を開催しました

 

 

 施設と地域の協働を進めるため、地域の大切な社会資源である社会福祉施設「子供の町」を会場として、平成29年6月29日(木)30日(金)「第4回支え合い担い手養成講座」を開催しました。(この会場は市内社会福祉法人が地域貢献活動の一環として行っている『地域開放スペース』の貸出しの一つとなっています。「サロン活動」や「介護予防体操」等地域住民が行う活動拠点としてご利用いただくこともできますので、詳細は社会福祉協議会までご相談ください)

 1日目は介護保険を取り巻く春日部市の現状、これからの地域づくりについて学んだあと、「社会福祉法人 子供の町」の施設長より、施設の紹介と、子どもと関わる際に気を付けることについてお話をしていただきました。40年間、現場で子どもたちと関わっている施設長のお話はとても興味深く、参加者の皆様は質問をしながら熱心に受講されていました。「近くに住んでいるけれど中に入ったことがなかった」という方が多かったため、講演後には園内を案内していただき、子どもたちの生活の様子や職員の方々との関わりについてもお話を伺いました。

 2日目には「地域で自分や周りの人が困っていること、気になっていること」というテーマでグループワークを行いました。「ひとり暮らしの方が家にこもりがち」「引っ越してきて数年、会話する人が少ない」等、各グループで多くの意見が出され、その後の「テーマを決めて、自分たちに出来ることを考えよう」というグループワークでは、「みんなで集まって体操」「興味のあることを聞いてサークル作り」等、さまざまな解決方法が提案されました。参加者の方々から「グループワークは難しかったが、色々な人の意見を聞くことが出来てとても勉強になった」という感想を多くいただき、2日間の講座が終了した後には、「このまま解散するのはもったいない」という声も挙がっていたため、近日中に「この会場を使って何が出来るか」ということを具体的に話し合う場を設ける予定です。

 春日部市社会福祉協議会では、今後も各地域における定期的な講座やイベントの開催を通じて、行政と協力をしながら、生活支援体制整備事業を進めてまいります。皆様のご参加お待ちしております。

 



春日部市社会福祉協議会

tel.048-762-1081

庄和社会福祉センター
(庄和支所)

tel.048-745-1030

春日部ボランティアセンター

tel.048-761-3033

牛島ボランティアセンター

tel.048-763-8957

浜川戸ボランティアセンター

tel.048-763-3335

武里地区ボランティアセンター

tel.048-733-3380

庄和地区ボランティアセンター

tel.048-745-1030