豊春支部社協

 

 平成30年1月28日(日)豊春地区公民館において、「豊春地区支部社協平成29年度会員研修会」を開催し、およそ140名の方々にご参加いただきました。

 さだまつ眼科クリニック副院長小林先生より、『白内障などの予防と治療について』の演題で、白内障の原因や検査の流れ、治療方法、術後の合併症などを懇切丁寧にご教示いただきました。

 目に異常を感じたら早めに眼科に受診することが重要ですが、目の病気は左右どちらかが進行することが多く、日常生活では両目で見るため異常に気づきづらいようです。目の異常を早期に発見するには、自分で定期的に片目ずつ見え方を確認することが大切だと学びました。

 講演後の質疑で「目に良いと言われている食品やサプリは本当に効果があるのか」と問われると、生活習慣病になると目の病気のリスクが高くなるため、まずは生活習慣病の高血圧・脂質異常症・糖尿病を予防することが一番であり、そのためには食生活の改善や適度な運動が効果的であるとご回答いただきました。他にも多くの質問が上がり、更なる理解を深めようという関心の高さがうかがえ、大変有意義な時間を過ごすことができました。

 豊春支部社協では、これからも地域の方々が互いに助け合えるよう地域福祉の増進に努めてまいりますので、引き続き皆様方のご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

 

豊春地区支部社協 支部長 田代 一二

 

 

 平成29年10月30日(火)、栃木県宇都宮市にあるとちぎ福祉プラザにて豊春地区支部社協評議員研修会を行いました。

 とちぎ福祉プラザは、ハートビル法・栃木県ひとにやさしいまちづくり条例、宇都宮市やさしさをはぐくむ福祉のまちづくり条例の認定建築物です。

研修では、バリアフリータイプのモデルルームの体験、プラザと視聴覚障害者情報センターを見学しました。

 モデルルームには、障がい者や高齢者の自立をサポートする数々の自助具や介護用品があり、だれもが使いやすい住環境を体験することができました。

 視聴覚障害者情報センターでは、普段見ることのできない1万冊の点字図書の蔵書を見学し、職員の方からセンターについての説明をうけました。聴覚障害者情報提供施設と点字図書館の役割を知ることで視聴覚障害者への情報提供やコミュニケーションについて考える良い機会となりました。

 豊春地区支部社協では、今回の研修を活かし更なる地域福祉の増進に努めてまいりますので皆様方の一層のご理解とご協力をお願いいたします。

 

豊春地区支部社協 支部長 田代 一二

 

 

 



春日部市社会福祉協議会

tel.048-762-1081

庄和社会福祉センター
(庄和支所)

tel.048-745-1030

春日部市ボランティアセンター

tel.048-762-1081

牛島ボランティアセンター

tel.048-763-8957

浜川戸ボランティアセンター

tel.048-763-3335

武里地区ボランティアセンター

tel.048-733-3380

庄和地区ボランティアセンター

tel.048-745-1030