武里支部社協

武里地区支部社協

 〜楽しく盛り上がったふれあい会食会〜

  9月15日(木)、武里公民館において武里地区にお住まいの77歳以上のご夫婦をお招きし、「ふれあい会食会」を開催しました。会食会には、150名あまりの参加があり皆さんに美味しい寿司弁当や手作りの豚汁がふるまわれました。 当日は石川市長もお見えになり、お祝いの挨拶とともに春日部市立医療センターや、春バスについても話され、来場された方々は魅力ある春日部について一生懸命耳を傾けておられました。また、警察署職員の方から腹話術による振り込め詐欺防止やまた交通事故防止の啓発活動が行われました。 昼食後は、元気アップ教室で活躍されている山森澄子先生と栗岡一予先生による歌や体操・手遊びや電子大正琴による美しい演奏に、会場は多くの笑顔と笑いのうずに包まれました。最後にビンゴゲームも行われ、景品と、お土産のバナナと饅頭を受け取り、来所時よりさらに元気に笑顔いっぱいでの帰宅となりました。

 武里地区支部社協では、地域の多くの皆様のご理解とたすけあいの精神をもって誰もが楽しく暮らしていける地域づくりを目指してまいりますので、今後ともご協力の程よろしくお願いいたします。 なお、この度の「ふれあい会食会」は地域の皆様からご協力を頂いた「赤い羽根共同募金」からの配分金により行われたことをご報告いたします。  

武里地区支部社協 支部長  伊澤 秀雄

 


平成27年度活動

 平成27年11月26日 視察研修(上里学園)の様子

 平成27年11月19日 ふれあい会食会(75歳以上の単身者)の様子

 平成27年9月17日 ふれあい会食会(75歳以上の夫婦)の様子


 武里地区支部社協では、日頃より住民同士が助け合い、より良い地域づくりを目指して、地域に密着した事業を推進しております。児童相談所への児童虐待の相談が6万件を超え、児童虐待が深刻な社会問題となっている中、今回は児童福祉への理解を深め、地域住民への啓発及び支援の充実を図るため、調布学園へ視察研修(平成24年11月26日)を行いました。

 調布学園は、大正14年設立、昭和23年に認可された児童養護施設であり、さまざまな理由により家族と生活出来ない18歳までの子どもたちが生活しています。また、同施設では家庭という小規模な集団の中で生活を送るグループホームも運営しています。ここでは生活の本拠地を地域に密着させ、安全で安心できる環境のもとで生活をすることによって、心身ともに健全で立派な社会人として巣立つことができるよう、よりきめ細やかな支援が行われています。

 入所している子どもたちの6割が虐待を受けた経験があるとのことでしたが、「虐待は決して家庭の中だけの問題では無い」との話を伺い、社会の中で保護者が孤立しないよう、いつでも気軽に相談できる場が地域にあること、家庭・学校・地域が連携を図り、共に子育てを行っていくことが大切であるということを学びました。今回の研修で得た知識・経験を今後の支部社協活動に活かして、更なる地域福祉の向上に努めていきたいと思います。

武里支部社協 支部長 海老原武士


 



春日部市社会福祉協議会

tel.048-762-1081

庄和社会福祉センター
(庄和支所)

tel.048-745-1030

春日部市ボランティアセンター

tel.048-762-1081

牛島ボランティアセンター

tel.048-763-8957

浜川戸ボランティアセンター

tel.048-763-3335

武里地区ボランティアセンター

tel.048-733-3380

庄和地区ボランティアセンター

tel.048-745-1030