あんしんサポートねっと(福祉サービス利用援助事業)

認知症高齢者、知的障がい者、精神障がい者などに対し、福祉サービスの利用援助や日常的な金銭管理などの援助を行うことにより、地域で自立した生活を送ることを支援します。

【援助の概要】

利用者との契約に基づき、専門員が利用者の相談に応じ、利用者ごとに適切な援助の内容や方法を定め、担当の生活支援員が具体的なサービスを提供します。

【対象者】

  1. 判断能力が不十分な者
  2. 本事業の契約の内容について判断し得る能力を有している者
  3. 埼玉県に住所を有する者

※居宅で生活している方に限らず、施設を利用している方も対象となります。

【援助の内容】

福祉サービスの利用
に関する援助

  1. 福祉サービス利用についての情報提供及び助言
  2. 福祉サービス利用の手続援助
  3. 福祉サービス利用についての苦情解決制度の利用援助
  4. その他、福祉サービス利用に関し必要と認められる援助

日常生活上の援助

  1. 住宅改造についての情報提供及び助言
  2. 居住家屋の賃借についての情報提供及び助言
  3. 日常生活上の消費契約に関する援助
  4. 住民票の届け出等の行政手続きに関する援助
  5. その他福祉サービスの適切な利用に必要な一連の援助

日常的金銭管理

  1. 福祉サービスの利用料の支払い
  2. 年金及び福祉手当の受領
  3. 医療費の支払い
  4. 税金や社会保険料、公共料金の支払い
  5. 家賃、地代の支払い
  6. 日用品等の代金支払い(生活費の届けを含む)
  7. 1〜6に伴う預金の払戻し、預金の解約、預金の預け入れの手続等利用者の日常生活費の管理

書類等預かり

  1. 年金証書
  2. 預貯金の通帳
  3. 不動産の権利証又は契約書
  4. 契約書類
  5. 保険証書
  6. 実印や銀行印
  7. そのほか県社協から事業の一部を受託した社協又は協定により実施する社協が適当と認めた書類(カードを含む)

 

平成30年度「成年後見セミナー」を開催しました。

 平成31年2月2日(土)春日部市民文化会館にて「平成30年度成年後見セミナー」を埼玉県社会福祉協議会との共催にて開催しました。

 当日は、200名を越える方々にご参加いただき、桂ひな太郎師匠による「後見落語」や座談会を通し、成年後見制度の仕組みや活用方法等について学びました。

 

 

あんしんサポートねっと 生活支援員研修会を開催しました!

 

 

 平成31年2月6日(水)に生活支援員の研修会を開催しました。今回は、埼玉県地域生活定着支援センターの上野真宣氏をお招きし、「受刑者が出所後に地域で暮らすためには…」をテーマに講義していただきました。地域生活定着支援センターの役割や生きづらさを抱えた病気・障がいのある方が出所後に、地域で生活するために必要な支援など、事例を交えてお話していただきました。また、後半にはグループワークを行い、出所後の生きづらさを抱えた方にはどのような支援が必要なのかを検討する機会を設けていただきました。

 講義終了後、生活支援員の交流会を実施し、日頃支援で抱えている悩みなど、生活支援員同士で情報交換を行いました。 参加した生活支援員からは、「障がい者の方が出所後に必要としている支援がどのようなものなのか分かった」「他の生活支援員と情報交換ができて勉強になった」などの声が聞かれました。

 今後も、定期的に生活支援員研修会を実施し、生活支援員のスキルアップに努めて参ります。

 

 



春日部市社会福祉協議会

tel.048-762-1081

庄和社会福祉センター
(庄和支所)

tel.048-745-1030

春日部市ボランティアセンター

tel.048-762-1081

牛島ボランティアセンター

tel.048-763-8957

浜川戸ボランティアセンター

tel.048-763-3335

武里地区ボランティアセンター

tel.048-733-3380

庄和地区ボランティアセンター

tel.048-745-1030